カテゴリー別アーカイブ: 街中

ノコンギク

ノコンギク

ノコンギクは、街中の草むらや海岸から林の縁や山中まで、秋になるといたるところで目にする花です。紫色の細いいくつもの花弁の中央が黄色のこの花は、どなたでも見覚えがあることでしょう。
よく比較されるのが、ヨメナで、この2種の花はよく似ていて、見ただけでは区別は難しいです。葉をさわってみて、ざらざらしていたら、ノコンギクの可能性が高いです。
中央の黄色の部分は、実は筒状の小さな細かい花の固まりで、この筒状の花に長い毛があれば、ノコンギクで、なければヨメナです。
早春の若芽は、ヨメナとともに山菜として利用できますが、あく抜きは必要です。

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラは、盛夏に目立つ赤いラッパ状の花を付ける園芸植物です。
盛夏に開花する花は、多くはなく、その意味では貴重な花と言えるでしょう。
民家にもよく植えられていますが、寺社の境内で、よく映える花です。
鎌倉では、光触寺、妙本寺、海蔵寺などで見ることがで

光触寺のノウゼンカズラ
光触寺のノウゼンカズラ
きます。

ホタルブクロ

ホタルブクロ

ホタルブクロは、鎌倉で数多く見られる花です。ピンク色の袋状の花で、昔の子供がこの花の中にホタルを入れて遊んだことから付けられた名といわれています。
花期は長く、群生します。明るい草原や定期的に刈り払われる土手などに多いです。
山菜としても利用できます。若芽は青臭さがありますが、オススメは、花の三杯酢です。味もよく、色も楽しむことができます。

ユキノシタ

ユキノシタ

ユキノシタは、暗くジメジメした傾斜地に密生していることが多いです。道路脇の古い石垣などに一面はびこっている

ユキノシタ群落
ユキノシタ群落
のを、よく見かけます。
鎌倉では、昔から特に多く自生していたようで、鶴岡八幡宮近くにある雪ノ下の地名は、一説にはこのユキノシタが多く生えていた場所だったことから付けられたとも言われています。
開花すると一面花で埋め尽くされるため、なかなか壮観です。
この葉は、山菜として利用でき、天ぷらにすると”えぐ味”が軽減され、まずまずの味です。