カテゴリー別アーカイブ: 寺院・神社

ノコンギク

ノコンギク

ノコンギクは、街中の草むらや海岸から林の縁や山中まで、秋になるといたるところで目にする花です。紫色の細いいくつもの花弁の中央が黄色のこの花は、どなたでも見覚えがあることでしょう。
よく比較されるのが、ヨメナで、この2種の花はよく似ていて、見ただけでは区別は難しいです。葉をさわってみて、ざらざらしていたら、ノコンギクの可能性が高いです。
中央の黄色の部分は、実は筒状の小さな細かい花の固まりで、この筒状の花に長い毛があれば、ノコンギクで、なければヨメナです。
早春の若芽は、ヨメナとともに山菜として利用できますが、あく抜きは必要です。

シュウメイギク

シュウメイギク

 シュウメイギクは、10月から晩秋まで咲き続ける花です。原産地は中国で、園芸品種として古くに日本に渡ってきたとされています。日本では、野生化した株も見受けられます。
 名前にはキクの文字がつきますが、キク科ではなく、キンポウゲ科に属し、花弁のように見える部分は、実は萼片です。
 鎌倉では、寺社や民家の庭によく植えられており、赤紫色や白色をした花が目を楽しませてくれます。

ナンテンハギ(フタバハギ)

ナンテンハギ(フタバハギ)

ナンテンハギ(フタバハギ)
ナンテンハギ(フタバハギ)

 鎌倉では、日当りのよい土手に群生しているのを、よく目にします。まっ平な場所よりも、斜面がお好みのようです。花は穂になって数個が固まって咲き、群生すると、ちょっとしたお花畑になります。
 この花も、ナワシロイチゴやウドと同じように、高山に近い場所から、平地まで、生育域が広範囲にわたる不思議な植物のひとつです。
 有料山菜の宝庫であるマメ科の一員なので、新芽は食用になりますが、私は一度お浸しか何かで食べてみたいと思ってはいるものの、あまりにも普通にどこにでもあるので、先延ばしになっています。マメ科特有の香ばしい味がするのではないかと想像しています。

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラは、盛夏に目立つ赤いラッパ状の花を付ける園芸植物です。
盛夏に開花する花は、多くはなく、その意味では貴重な花と言えるでしょう。
民家にもよく植えられていますが、寺社の境内で、よく映える花です。
鎌倉では、光触寺、妙本寺、海蔵寺などで見ることがで

光触寺のノウゼンカズラ
光触寺のノウゼンカズラ
きます。