月別アーカイブ: 2016年5月

ユキノシタ

ユキノシタ

ユキノシタは、暗くジメジメした傾斜地に密生していることが多いです。道路脇の古い石垣などに一面はびこっている

ユキノシタ群落
ユキノシタ群落
のを、よく見かけます。
鎌倉では、昔から特に多く自生していたようで、鶴岡八幡宮近くにある雪ノ下の地名は、一説にはこのユキノシタが多く生えていた場所だったことから付けられたとも言われています。
開花すると一面花で埋め尽くされるため、なかなか壮観です。
この葉は、山菜として利用でき、天ぷらにすると”えぐ味”が軽減され、まずまずの味です。

ウツギ

ウツギ

ウツギは、初夏を知らせる花です。日本全国どこにでもある低木の花です。
白い花が集合して咲くので、遠くからでもとても目立ちます。
神社や民家の庭にも植えられることが多く、垣根としても古くから利用されてきました。
別名ウノハナで、中年以上の方であれば、小学校の音楽の教科書に載っていた「夏は来ぬ」の出だしの歌詞「♪卯の花の 匂う垣根に・・」でおなじみの花です。
この歌詞で匂うとあるのですが、臭覚の鈍い私には、ほとんど匂いは感じられません。人によって感度に差があるのかもしれませんし、花のすぐ近くに鼻をもっていけば、匂いが感じられるのかもしれません。

ナワシロイチゴ

ナワシロイチゴ

ナワシロイチゴは、不思議な植物です。
どこにでもあるわけではありませんが、鎌倉や横浜では、道路脇の草むらで見かけることの

北海道海岸のお花畑のナワシロイチゴ
北海道海岸のお花畑のナワシロイチゴ

多い植物です。都市の中心部でも、石垣を匍匐して元気に生育しているのを見かけることもあります。
しかし、日本の中部山岳の高山植物に混ざって生えていたり、北海道のオホーツク海沿岸の原生花園の一員としても普通にみかけます。
極めて環境適応能力が広い植物です。
北や高山に行くほど、葉は大型化しているように思います。
さて、このナワシロイチゴの花にお目にかかるには、鎌倉周辺では5月下旬の一週間ほどの時期を見逃さないようにしなければなりません。あっという間に花期が終わってしまいます。ヘビイチゴが何ヶ月も咲いていて、中には秋にも開花する株があることを考えると、とても短いです。

ナワシロイチゴの実
ナワシロイチゴの実

実は、極上のベリーだという人もいますが、実の一つ一つは、とても小さいです。いずれにしても、生食できます。
草原で匍匐したり、林縁で木にもたれて立ち上がったりと、草と木の両方の性質を合わせ持った植物です。

ヤマツツジ

ヤマツツジ

ヤマツツジは、野生のツツジとしては全国的に最も普通に見ることのできる種です。

ヤマツツジ
ヤマツツジ

鎌倉近辺でも林縁などで目にしますが、近年はかなり数を減らしている印象を受けます。
明るい赤い花で、多くの花を付けるので、目にすると華やかな気分になります。様々な園芸品種の母種となっていますが、園芸品種に劣らない美しさです。4月から咲き始め6月ぐらいまで咲き続ける花期の長い花です。