月別アーカイブ: 2016年3月

ニリンソウ

ニリンソウ

ニリンソウは、野生のものは横浜鎌倉で急速に姿を消しつつあります。

早春に芽吹いて一気に花を咲かせ、まだ他の木や草が葉を繁らせる前に太陽光を独占します。このような花は、スプリング・エフェメラルと呼ばれ、ニリンソウの他に、カタクリ、キクザキイチゲなどが、そう呼ばれます。まだ花の少ない時期に清楚な花を付けるので、見つかるとすぐに掘り取られてしまう運命にあります。

早春の鎌倉で、人気の少ない谷沿いのじめじめした場所を探せば、見つかるかもしれません。

三浦半島には、大楠山の前田川沿いや葉山アルプス周辺に大規模な群落がまだ残っています。横浜では、称名寺が有名です。

鎌倉の寺社境内では、植栽されたニリンソウがよく見られます。

ナツトウダイ

ナツトウダイ

ナツトウダイは、ナツと付きますが、早春に咲く花です。トウダイグサ科の花は、花弁がない

ナツトウダイの蕾
ナツトウダイの蕾

ため、とても地味ですが、造形的にはとても面白い形をしています。

芽吹きの時は真っ赤で首をもたげていますが、あっという間に立派な株になります。芽吹きの時は、おいしそうに見えますが、毒草です。

鎌倉周辺では、ハイキングコースの脇などの林の縁で見かけることが多いです。

 

ムラサキケマン

ムラサキケマン

ムラサキケマンの花

ムラサキケマンは、早春から晩春まで比較的長い間見ることができます。古い民家の庭先とか、道の脇の土手など、人里でも少々自然度の高いところに群生しているのをみかけます。

鎌倉周辺では、よく似た植物でジロボウエンゴサクも分布していますが、株がムラサキケマンより小さく花の数も少なく葉に切れ込みがないことで区別できます。また、ジロボウエンゴサクの方が数が少なく希少価値があります。

ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサク